カテゴリー別アーカイブ: リフォーム・リノベ

タイルのお風呂をリフォーム

タイルで作られたお風呂を修理しました。

タイルのお風呂 修理前
タイルのお風呂 修理前

こちらのお風呂は少しですが水漏れを起こしています。
しかし場所が特定できません。

この浴槽をモールテックスを使いリフォームしました。
モールテックスは下地を問わず接着して防水性があります。
つまり浴槽の水漏れを止め、タイルをはがすことなく短期間で修理してきれいによみがえらせます。

今回の浴槽は上の写真のように一部がS字型に湾曲していますが、コテ塗りのモールテックスなら浴槽の形通りに塗膜を作ることができます。

モールテックスでタイル風呂をリフォーム
モールテックスでタイル風呂をリフォーム

モールテックスなら湾曲やR部分も形状のままに包み込みます
モールテックスなら湾曲やR部分も形状のままに包み込みます

タイルを壊さずシームレスな塗膜で浴槽を包み込み、お風呂の防水性を回復し石のような質感のお風呂に生まれかわります。
廃材も出ないため処分費用などの余分な出費もありません。

原因不明の水漏れでお困りの方はぜひご相談ください。
浴槽を解体することなく、短期間の工事で修理することができます。

今回の現場は伊豆の熱海でした。
個人邸、別荘、保養所、ペンションなど伊豆半島全域、箱根地区、そのほか遠方にも出張施工にうかがいます。

お風呂の修理でお困りの方は是非一度ご相談ください。
お問い合わせは渡邉左官店までお気軽にどうぞ。
当社はモールテックス講習会の講習官を務めており、材料と施工方法を熟知しております。
どうぞ安心してご相談ください。

玄昌石の張り替え工事

玄関ポーチの玄昌石の張り替え工事です。
一時期和風住宅ではやった玄昌石(げんしょうせき)という黒い石ですが、経年劣化が多くみられます。
退色は仕方ないにしても、はがれや浮き・カケ・割れなどが多くみられます。
石の特性上、表面状態がセメントなどが付きにくい形状となっています。

最近の物は裏面に筋を入れてあり、セメントなどの接着するものがくっつきやすくなっています。

まずは古い石をはがします。
八割程度の石は浮いているので時間もかからずにはがすことができました。

ポーチ石材はがし
ポーチ石材はがし

その後、下地の不良個所を補修して、新しい玄昌石を張っていきます。

ポーチ 玄昌石 張り替え
ポーチ 玄昌石 張り替え

元のきれいな状態に戻りました。
やはり本物の石材はいいですね。

お風呂をモールテックスで!

南伊豆にあるペンションのお風呂をモールテックスでなおしました。
タイル張りの浴槽ですが、ある一定以上に水をためると漏れているようで水位が下がります。
あるところまで水位が下がるとそれよりは減りません。
ただ穴が開いているわけでもないので、どこから漏れているのかわからない。

こんな時はモールテックスが最適です。
タイルの上から直接施工できます。
モールテックスの防水性で水を止めることができます。

モールテックスの浴槽
モールテックスの浴槽

薄いブルーのようなグリーンのような色です。
BM56というカラーです。

もとはこんな感じ。

タイルの浴槽
タイルの浴槽

モールテックスの一層目、テクニカルレイヤーと呼ばれる層にメッシュシートを入れました。
浴槽の内側に強固な防水層をつkります。

その後、2層目を塗って研磨します。

モールテックスで浴槽リフォーム
モールテックスで浴槽リフォーム

この浴槽は南伊豆のペンションBlue in Greenさんです。
小さな宿ですがとても雰囲気のある宿です。
湧き水で入れるコーヒーは格別です。

マリンレジャーを楽しむには最高のところです。
ぜひ宿泊してモールテックスのお風呂にも入ってください。

テーブルをリメイク!

ただ今準備中の渡邉左官店ショールーム。
その中に布小物の店「しろつめ舎」が入ります。

しろつめ舎でミシン台として17年間使っていたデスク。
ホームセンターで買って来たもので表面もだいぶ傷んでいますが、モールテックスでリメイクします。

デスクをモールテックスでリメイク
デスクをモールテックスでリメイク

表面強度の強いモールテックスはデスクの天板にもピッタリです。
また硬化後に表面を研磨することで滑らかな手触りが得られます。
モルタルとは思えない手触りです。

デスク天板
デスク天板

木目プリントのデスクからまったく印象が変わりました。

貝殻できらめくモールテックス
貝殻できらめくモールテックス

モールテックスを仕上げる工程で砕いた貝殻の粉を振りかけました。
見る角度によってキラキラと輝きます。

古くなったデスクやテーブル、カウンターもモールテックスが新しい命を与えます。

お問い合わせはこちらまで

シェアハウスでモールテックスを施工しました。

静岡県三島市でモールテックスを施工しました。
こちらは閉園した幼稚園をリノベーションしてできたシェアハウスです。

こちらのキッチンとカウンターにモールテックスを施工しました。

オリジナルキッチンの天板にモールテックスをモルタル色で。
金属のサイドパネルとあいまって存在感を放ちます。

モールテックスのキッチン
モールテックスのキッチン

その横には小さなモールテックスのカウンター。
炊飯器などを置くのにぴったりです。

モールテックスの小さなカウンター
モールテックスの小さなカウンター

そして1Fと2Fのベランダにあるモールテックスのカウンター。
カウンターの前には桜の木が。
春には桜の花を眺めながらコーヒーやアルコールを楽しめそうですね。

ベランダのモールテックスのカウンター
ベランダのモールテックスのカウンター

景色を眺めながら
景色を眺めながら

リノベーションにピッタリなモールテックス。
独特のテクスチャーと機能性で人気の建材です。

お風呂をリフォームしました

在来工法の浴室をリフォームしました。
ユニットバスが普及する前はタイル張りの浴槽が一般的でした。

こちらの浴槽を交換しました。

浴槽交換前
浴槽交換前

浴槽まわりのタイルを解体して浴槽を取り外しします。

浴槽撤去中
浴槽撤去中

鋳物ホーローの浴槽なので撤去に手間取りましたが外せました。
浴室に入る最大の大きさの物に交換します。
下地を直して新しい浴槽を入れます。

新浴槽据え付け
新浴槽据え付け

その後まわりのタイルを補修して、水栓金具などを交換して完成です。

浴槽入れ替え完成
浴槽入れ替え完成

今回はタイル上のリシン壁を塗装し直して、手すりも2か所に取り付けました。

少し大きくなった浴槽ときれいになったお風呂で快適な毎日が過ごせます。

お風呂などの水回りの工事、タイルの張り替えなどの工事は渡邉左官店までお気軽にご相談ください。
渡邉左官店にお問い合せ下さい。

モールテックスでテーブル作成

モールテックスでテーブルを作成してきました。

千葉県で床暖房ヒートプラスの販売・施工をしているアシコーさんから依頼を受けました。
ビッグサイトのイベント出展時にブースが隣同士でした。
そこでモールテックスに興味を持っていただきました。

今回は長方形のテーブル2台、半円形のテーブル1台、洗面台1台です。
半円形のテーブルは始めカウンターの予定でしたが、スペースを多目的に使えるようにと足をつけて移動できるようにしたようです。

半円形テーブル
半円形テーブル

半円形と長方形テーブル
半円形と長方形テーブル

もともと牛小屋だった建物を一度解体し、使える部材を加工して立て直してあります。
このテーブルの下地にも古材が使われています。
昔の建物はみな無垢材なので再利用ができます。
最近の合板ではこうは行きません。

あとは洗面台です。

洗面台
洗面台

穴の中に洗面ボウルが入りますが、さてどんなものがつくのでしょう?

モールテックスは強度があり、薄塗で下地のたわみに追従します。
手触りはすべすべでカウンターやテーブルにはピッタリです。
飲食店の古いカウンターのリフォーム等に最適だと思います。

モールテックスについてはこちらからお問い合せ下さい!

レビスタンプで外壁リフォーム

スペイン漆喰レビスタンプで外壁をリフォームしました。
元は吹付塗装でしたが色むらやひび割れがひどく、レビスタンプで塗り替えました。

足場をかけたあと、外壁を洗浄します。
全面にまずはプライマーを塗ります。
クラックをすべてシーリング。
ひび割れにはガラスメッシュを入れて樹脂モルタルで全面下塗り。

クラックにシーリング、メッシュ伏せ込み
クラックにシーリング、メッシュ伏せ込み

この後モルタルを硬化させるために1週間以上このままにしておきます。
その間に塗装工事です。
破風板や雨どいなどを塗装屋さんが塗っていきます。

塗装工事が終わればモルタルも養生期間が終わったところ。
スペイン漆喰レビスタンプで仕上げます。
今回はMARFIL(マーフィル)という色を使用しました。

レビスタンプ
レビスタンプ

壁のパターンはトラバーチン風です。

レビスタンプ・トラバーチン風
レビスタンプ・トラバーチン風

レビスタンプMARFIL
レビスタンプMARFIL

完成しました。

塗り壁のリフォームですと、ひび割れの補修跡が全く分からなくなります。
レビスタンプは非常に耐久性があるため、メンテナンスなどもさほど考慮することはありません。
壁面が熱を持ちにくいので、夏などに違いが現れます。
樹脂ではないので紫外線での劣化もありません。

今回のお宅は吹付塗装がだいぶ劣化しており、チョーキングもひどく色むらもかなりあります。
そしてひび割れがかなり入っていました。

お施主様からも「すごーい、全然イ変わったねー」と喜びの声が。
嬉しいですね。
この時期は日の沈むのが早く、休憩もそこそこに仕事をしていましたがお客様の嬉しい一言で疲れも吹っ飛びます。

塗り壁の家だけでなく、吹付塗装やサイディングの外壁も左官の技術でハイクオリティな外壁リフォームができます。

左官の外壁リフォーム、いかがですか?
お気軽にお問い合せ下さい。

モルタル像の補修工事

市内にある小学校のモルタルで出来た母子像の補修工事を行いました。

DSC_0498280
母の腕が爆裂して無くなっています。
子どもが持っているトーチもありません。

この工事にはモルタル造形用のモルタルを使用します。
造形用のモルタルは厚塗りができ、削る作業がしやすくこの作業にはもってこいです。

削る分を見越して厚めに塗ります。
DSC_0533

硬化を見計らい、タイミングを見て削る作業に入ります。
DSC_0534

削りながら少し離れてバランスを確認、おかしな所は削ったり、塗ってもりつけたり。
received_1677118945862477
納得のいくまで繰り返します。

DSC_0539
修復作業、完成です。

とても楽しく、やりがいのある仕事でした。
モルタル造形の技術、左官の技術でできることはとても多いですね。

まずはお気軽にお問い合せ下さい
お電話でもどうぞ。

外壁を左官でリフォーム

外壁を左官でリフォームしました。

築40年ほどたっているお宅で、外壁にクラックが目立ちます。
外壁のリフォームは塗装が一般的ですが、今回は左官でリフォームします。

 

DSC_0475(1)

まずはひび割れ箇所をコーキング。
水が入らないようにします。
雨漏りよりメタルラスが水によりサビて、壁の重さに耐えきれなくなり剥がれ落ちる危険があります。

DSC_0481
コーキングをしたひび割れ箇所にメッシュを伏せこみます。
ガラス繊維でできたメッシュを入れることにより、再度ひび割れが発生するのを防ぎます。

そして全面に修正モルタル塗り。
DSC_0483
塗装では目立つコーキングのあともわからなくなります。

モルタルの養生期間中に塗装工事を行います。
破風やキリヨケ、軒天や窓まわりなど。
DSC_0486

さらに屋根瓦の不良個所もありましたので、同時に工事を行いました。
DSC_0479
棟瓦の下、メンドと呼ばれる部分がとれて土が見えてしまっています。

台風などにさらされると土が流れ落ち、棟が崩れる恐れがあります。
DSC_0495
こちらも漆喰を塗り直しました。

そしてモルタルの養生期間が過ぎたら仕上げを塗ります。
DSC_0496
元のリシン壁と同じような色ですのでわかりにくいですが、きれいに塗り直しました。

左官の塗り壁のリフォームは壁の厚みが塗装に比べて厚いことから耐久性が違います。
また下地のひび割れなどの不良個所も直すので、本当にきれいになります。

ぜひ左官の塗り壁による外壁リフォームをご検討下さい!
塗装仕上げやサイディングの塗り壁にできます。

お気軽にお問い合せ下さい。
お電話でもどうぞ!