タグ別アーカイブ: ひび割れ

雨漏りの修理はお早目に!

雨漏りの修理を行いました。

「どうも雨漏りしているみたいだ」
というお客様の依頼を受けて、点検、工事をしました。

壁がだいぶ汚れていたので、洗浄するとボロボロはがれてくる。
カッターを壁に入れてはがそうとバールを入れると・・・
あっという間にはがれました。
DSC_0003174
雨がまわり、下地の木がもろくなっていたのでしょう。シロアリの住みかになっています。
写真の白い粒がシロアリです。

DSC_0002173
このようなところで下は車庫兼物置です。
上側の手すりの柱から雨が入っていたようです。

壁の剥離、崩落も危険ですが、シロアリの被害も怖いですね。
この壁の中の木を食べつくすと、家の方に移動します。
大事になる前の早めの修理、点検をお勧めします。

お気軽にこちらからお問い合せ下さい。

割れない壁材

よく壁(特に外壁)の不安やトラブルで耳にするのが壁が割れることです。
外壁にクラックが入りほうっておくと、漏水や外壁の剥落の原因になります。

とにもかくにも割れない壁が欲しい!という方にはこの材料がオススメです。
スタッコフレックスというアメリカ生まれの塗り壁材です。

スタッコフレックス
スタッコフレックス

特殊な樹脂でできていて1mm程度の下地のクラックなら影響をうけません。
また材料の持つ弾性(やわらかさ)が長期にわたって維持されます。
建材展示会でバスケットボールにこの材料が塗ってありましたが、床に弾ませてもひび割れもハガレもありませんでした。

カラ―バリエーション
カラ―バリエーション

高性能な塗り壁材であなたの住まいを守ります。

外壁クラックの補修

外壁のひび割れ(クラック)の補修です。

よくある工事としてはクラックをモルタルでうめるかコーキングして塗装、というのが一般的だと思います。

今回はエポキシ樹脂を注入しました。

エポキシ樹脂注入
エポキシ樹脂注入

クラック箇所に穴をあけ、エポキシ樹脂を注入します。
この物件では下地モルタルとリシンかき落としの剥離が考えられるので、隙間があれば樹脂が入り込み硬化、壁面を強固にします。

この後で塗装を掛けるなり、新規に左官仕上げ材を塗れば元のきれいな壁に戻ります。
左官仕上げ材ならひび割れのあとをわからなくすることができます。
壁のひび割れでお悩みなら、お気軽にご相談ください。