タグ別アーカイブ: モルタル造形

いそあそびーち

弊社の地元、沼津市内浦にある水族館、伊豆三津シーパラダイスの施設工事をさせていただきました。

小さなお子様が魚と触れ合うことができるタッチプール、「いそあそびーち」です。
この7月1日に伊豆三津シーパラダイスではいくつかの施設が新規オープンやリニューアルしますが、その中の目玉であるタッチプールの工事をモルタル造形をメインにさせていただきました。

もともと職員手作りの小さなタッチプールがありましたが、場所を移動し大きくなってオープンです。

いそあそびーち
いそあそびーち

何もない通路スペースにブロックを積み、水がたまるプールを作ります。

ブロックのプール下地
ブロックのプール下地

この周りに岩の下地を作り・・・

モルタルで下地作り
モルタルで下地作り

造形用モルタルを塗ってスタンプで岩肌をつけていきます。
さらに鏝やワイヤーブラシを使い形を整えたり模様をつけていきます。

モルタル造形のプール
モルタル造形のプール

またプール入り口とプールわきの足洗い場まではゴムチップ舗装で素足でも歩きやすくしました。

素足にやさしいチップロード ゴムチップ舗装
素足にやさしいチップロード
ゴムチップ舗装

これだけのモルタル造形の仕事は初めてでしたが、とても楽しくやりがいのある仕事でした。
かなり自由にさせていただいた部分があり、石の色や雰囲気は地元内浦の海の岩場をイメージしました。
プールサイドの岩は子供が乗り越えやすく、また保護者が見守るときに腰かけやすい場所を何か所か作りました。

まだまだ改良の余地はありますが、次回への課題としてまた挑戦したいと思っています。
動物園や水族館の方、ぜひご相談ください。
駆けつけます!

モルタル像の補修工事

市内にある小学校のモルタルで出来た母子像の補修工事を行いました。

DSC_0498280
母の腕が爆裂して無くなっています。
子どもが持っているトーチもありません。

この工事にはモルタル造形用のモルタルを使用します。
造形用のモルタルは厚塗りができ、削る作業がしやすくこの作業にはもってこいです。

削る分を見越して厚めに塗ります。
DSC_0533

硬化を見計らい、タイミングを見て削る作業に入ります。
DSC_0534

削りながら少し離れてバランスを確認、おかしな所は削ったり、塗ってもりつけたり。
received_1677118945862477
納得のいくまで繰り返します。

DSC_0539
修復作業、完成です。

とても楽しく、やりがいのある仕事でした。
モルタル造形の技術、左官の技術でできることはとても多いですね。

まずはお気軽にお問い合せ下さい
お電話でもどうぞ。

ショールームのモルタル造形

東京・足立区にある「リノベ不動産│ヤナセ不動産」様の新しいショールームの工事をさせていただきました。
リフォーム産業フェアでの出会いから、トントン拍子に話が進み大切なショールームの工事を施工させていただきました。
ショールームは東武スカイツリーライン、竹ノ塚駅から徒歩7分ほどです。
https://goo.gl/maps/B18uA

まず、正面ドアの横にスペイン漆喰レビスタンプ・トラバーチン仕上げ+ステンシル塗装
_20150708_151731208
一面真っ白ですが、ここだけグッと目を引きます。
ヤナセ不動産様の名前とショールームへようこその文字を。

そして自動ドアをくぐると2Fに上がる階段にモルタル造形を入れました。
DSC_0135202
壁面にメッセージをペイント「幸せへの道」です。

レンガ+塗り壁風な造形で仕上げました。
DSC_0136204

モルタル造形なので下地はモルタルです。
012210
モルタルを塗り付けた後、硬化具合を見計らい専用の道具で削り形をつくります。

レンガ部分にワンポイントを入れました。
017211

さらにレンガ部分に秘密のトビラ・・・?
DSC_0134203
こんなお遊びができるのもモルタル造形の魅力です。

ショールームでしたが、モルタル造形は店舗はもちろん、住宅にも取り入れていただけますよ。
壁面にショップの名前も様々なでざいんで入れることが可能です。
お気軽にこちらからご相談ください。

外壁を左官でリフォーム

外壁をリフォームしました。
外壁リフォームというとすぐに塗装と思い浮かべる方が多いと思いますが、塗り壁にできるんです。

始めは良くある吹付塗装の外壁。
DSC_0414109
下地の継ぎ手なども目立ちますね。

そして塗り壁にチェンジ!
DSC_0803117
キレイになりました。

玄関部分はモルタル造形で石張り風に。
DSC_0804115

さて工程を。
外壁にひび割れが入っていたので・・・
DSC_0739110
ガラス繊維のメッシュを入れて補強。

樹脂モルタルを塗ります。
DSC_0740111

そして前面に樹脂モルタルを塗り仕上げ材を塗ります。
今回はフジワラ化学のジュラクペンアートを使用しました。

そして玄関は・・・
下地の樹脂モルタルを塗り付けたあと
DSC_0766113

造形用のモルタルを塗り、固まり具合を見て目地を削っていきます。
DSC_0777114

モルタルが乾燥した後、色を付けて行きます。
石に見えるように着色していきます。
DSC_0806116
エージング塗装で古さやリアル感を出していきます。

外壁のリフォームは塗装だけじゃありません。
塗装やサイディングの住まいを塗り壁にできます。
ひび割れも目立ちません。

これも左官のチカラ!
左官で美しい世界を作ります!

セルフリノベにチャレンジ

我が家をセルフリノベしてみました。
塗り壁で壁をレンガ調にしてみます。
実際の施工動画もあります!

DSC_061169
まずはスペイン漆喰レビスタンプを塗ります。
練り混ぜる道具があればだれでもできます。
powermix
ホームセンターなどでレンタルしているところもあります。

頃合いを見計らって、カービング!
レンガ調の目地にあたる部分をけずっていきます。

DSC_061470
完成です!
カッコイイ!
調湿機能等はそのままです。

IMG_20141119_16295971
ツタをたらしたらイイ感じ。
お部屋のアクセントにいかがですか?

施工動画をアップしました!

倉庫のリフォーム工事

当社の倉庫を改修しています。
トタン張りでしたがだいぶ傷んできた。
じゃあ塗り壁にしちゃおう!ということでリニューアル工事です。
倉庫ショールーム化プロジェクトといったところですかね。
まだ完成していないのでいくつかポイントをアップします。

壁の見本にしたいので壁の仕切りをモルタル造形しました。
たとえばこれです。
DSC_048440
左の白い壁はレビスタンプR、右の白い壁はプレミアムラインのNHL(天然水硬性石灰)のRevex Calです。
壁を仕切るためにモルタル造形で木の幹を作りました。
ちなみにこの壁、西日がかなり当たります。
モルタルのところはかなり西日で暑くなりますが、レビスタンプのところはさほど熱くなりません。
実際にさわってレビスタンプの断熱性を体験できますよ。

オマケに木に金物を付けました。
もちろん、これもモルタルです。
DSC_040932
モルタルで金物を作ります。
DSC_044136
鋳物の金物に見えるよう、艶消し黒で塗装して・・・
DSC_046635
エイジング塗装でサビさせました
リアルになりました。

やはりモルタル造形で石積みを作ったり。
DSC_044033
コッツウォルズの石積みをイメージして作りました。
写真の物にまだ汚し塗装をして、もっとリアルにみせます。

レンガの上に塗ってある漆喰がはがれたように見せたり
DSC_048138

モルタル造形で小窓もつくっちゃいました。
DSC_047837
壁はレビスタンプRBLANCO(白)のパターン塗です。

DSC_048541
土壁も塗りました。
リフォームの現場で土を塗るところがあり、下地も一般の土を塗る下地とは違うのでテスト施工も兼ねて塗りました。
結果は大成功です。
もうすぐ始まるリフォームの現場も楽しみです。
きっとあのお宅に土壁がマッチするんだろうなー。

さて、仕上げのスペイン漆喰レビスタンプ塗りには助っ人が来ました。
DSC_047434
折笠左官さんです。

工事の少し前に「レビスタンプに興味があります」と問い合わせてきてくれた左官屋さんです。
ちょうどタイミングよく工事中だったので実際に塗ってもらいました。
電話で話すより実際に材料に触ったほうがわかりやすい、ということで実際に塗ってもらいました。
とても塗りやすかったようで喜んでくれました。

この折笠左官さんは九州・大分の原田左研さんで修業した方です。
土壁や和漆喰にはとても詳しく、今後コラボできたらと思っています。
早速、オリジナルのパターン塗を塗ってくれました。
DSC_048239
なかなかいい表情の壁になりました。
あ、これがもうコラボだ(^^)

このような塗り壁体験も今後やっていきたいと思います。
DIYをお考えの方や、スペイン漆喰に興味がある方など、塗り壁に興味がある方ならだれでも体験できるように考えております。
お気軽にお問い合せ下さい。

倉庫の外壁なので気軽にご覧になれます。
塗り壁の相談や、塗ってある壁の説明もしますよ。

倉庫の工事が完成したらまたアップします!

モルタル造形の講習に参加してきました!

先日静岡市内で行われたモルタル造形の講習会に参加してきました。

モルタル造形とは特殊なモルタルを塗ったり削ったりして形を作り、彩色を施し様々なものを形作るものです。
浦安にある有名テーマパークに行くといろいろ形作られているアレです。

静岡にある大橋塗料さんのセナベースにて行われました。
セナベースにもいろいろモルタル造形が施されています。
ちょっと載せると

モルタル造形のレンガ
モルタル造形のレンガ

こんなのとか
モルタル造形の石積みと時計
モルタル造形の石積みと時計

室内にも造形が施されています。

階段にレンガの造形
階段にレンガの造形

階段の別アングル
階段の別アングル

さて実際の造形ですが
講師は有名テーマパークにも携わった方です。

下地はこんなのですが中身は発泡スチロールです。

発泡スチロール+樹脂モルタル
発泡スチロール+樹脂モルタル

これに造形専用の特殊モルタルを塗り付けます。

造形用モルタル塗り付け
造形用モルタル塗り付け

これが程よく固まり始めてきたら削っていきます。

モルタルをカービング
モルタルをカービング

夢中になって削っていたので途中の写真はありません・・・。

と思っていたら主催のカントリーベースさんの方がブログに載せてくれてありました。
画像をいただきました。

モルタル造形・カービング中
モルタル造形・カービング中

こんな感じで完成を想像しながら削っていきます。

そして着色です。
古ぼけた感じを出すために汚しを入れたりして、リアルさを出します。

モルタル造形・完成
モルタル造形・完成

今回は門柱のようなモニュメントでしたが、アイデア次第で様々なものがつくれます。

新築なのにずいぶん時間がたっているような表現や、木造なのに室内に石積みがあったりと様々なことができます。

まさに住まいが夢の国になります。

今後もっと腕をみがいていきたいですね。