タグ別アーカイブ: リフォーム

タイルのお風呂をリフォーム

タイルで作られたお風呂を修理しました。

タイルのお風呂 修理前
タイルのお風呂 修理前

こちらのお風呂は少しですが水漏れを起こしています。
しかし場所が特定できません。

この浴槽をモールテックスを使いリフォームしました。
モールテックスは下地を問わず接着して防水性があります。
つまり浴槽の水漏れを止め、タイルをはがすことなく短期間で修理してきれいによみがえらせます。

今回の浴槽は上の写真のように一部がS字型に湾曲していますが、コテ塗りのモールテックスなら浴槽の形通りに塗膜を作ることができます。

モールテックスでタイル風呂をリフォーム
モールテックスでタイル風呂をリフォーム

モールテックスなら湾曲やR部分も形状のままに包み込みます
モールテックスなら湾曲やR部分も形状のままに包み込みます

タイルを壊さずシームレスな塗膜で浴槽を包み込み、お風呂の防水性を回復し石のような質感のお風呂に生まれかわります。
廃材も出ないため処分費用などの余分な出費もありません。

原因不明の水漏れでお困りの方はぜひご相談ください。
浴槽を解体することなく、短期間の工事で修理することができます。

今回の現場は伊豆の熱海でした。
個人邸、別荘、保養所、ペンションなど伊豆半島全域、箱根地区、そのほか遠方にも出張施工にうかがいます。

お風呂の修理でお困りの方は是非一度ご相談ください。
お問い合わせは渡邉左官店までお気軽にどうぞ。
当社はモールテックス講習会の講習官を務めており、材料と施工方法を熟知しております。
どうぞ安心してご相談ください。

玄昌石の張り替え工事

玄関ポーチの玄昌石の張り替え工事です。
一時期和風住宅ではやった玄昌石(げんしょうせき)という黒い石ですが、経年劣化が多くみられます。
退色は仕方ないにしても、はがれや浮き・カケ・割れなどが多くみられます。
石の特性上、表面状態がセメントなどが付きにくい形状となっています。

最近の物は裏面に筋を入れてあり、セメントなどの接着するものがくっつきやすくなっています。

まずは古い石をはがします。
八割程度の石は浮いているので時間もかからずにはがすことができました。

ポーチ石材はがし
ポーチ石材はがし

その後、下地の不良個所を補修して、新しい玄昌石を張っていきます。

ポーチ 玄昌石 張り替え
ポーチ 玄昌石 張り替え

元のきれいな状態に戻りました。
やはり本物の石材はいいですね。

お風呂をリフォームしました

在来工法の浴室をリフォームしました。
ユニットバスが普及する前はタイル張りの浴槽が一般的でした。

こちらの浴槽を交換しました。

浴槽交換前
浴槽交換前

浴槽まわりのタイルを解体して浴槽を取り外しします。

浴槽撤去中
浴槽撤去中

鋳物ホーローの浴槽なので撤去に手間取りましたが外せました。
浴室に入る最大の大きさの物に交換します。
下地を直して新しい浴槽を入れます。

新浴槽据え付け
新浴槽据え付け

その後まわりのタイルを補修して、水栓金具などを交換して完成です。

浴槽入れ替え完成
浴槽入れ替え完成

今回はタイル上のリシン壁を塗装し直して、手すりも2か所に取り付けました。

少し大きくなった浴槽ときれいになったお風呂で快適な毎日が過ごせます。

お風呂などの水回りの工事、タイルの張り替えなどの工事は渡邉左官店までお気軽にご相談ください。
渡邉左官店にお問い合せ下さい。

モールテックスでテーブル作成

モールテックスでテーブルを作成してきました。

千葉県で床暖房ヒートプラスの販売・施工をしているアシコーさんから依頼を受けました。
ビッグサイトのイベント出展時にブースが隣同士でした。
そこでモールテックスに興味を持っていただきました。

今回は長方形のテーブル2台、半円形のテーブル1台、洗面台1台です。
半円形のテーブルは始めカウンターの予定でしたが、スペースを多目的に使えるようにと足をつけて移動できるようにしたようです。

半円形テーブル
半円形テーブル

半円形と長方形テーブル
半円形と長方形テーブル

もともと牛小屋だった建物を一度解体し、使える部材を加工して立て直してあります。
このテーブルの下地にも古材が使われています。
昔の建物はみな無垢材なので再利用ができます。
最近の合板ではこうは行きません。

あとは洗面台です。

洗面台
洗面台

穴の中に洗面ボウルが入りますが、さてどんなものがつくのでしょう?

モールテックスは強度があり、薄塗で下地のたわみに追従します。
手触りはすべすべでカウンターやテーブルにはピッタリです。
飲食店の古いカウンターのリフォーム等に最適だと思います。

モールテックスについてはこちらからお問い合せ下さい!

レビスタンプで外壁リフォーム

スペイン漆喰レビスタンプで外壁をリフォームしました。
元は吹付塗装でしたが色むらやひび割れがひどく、レビスタンプで塗り替えました。

足場をかけたあと、外壁を洗浄します。
全面にまずはプライマーを塗ります。
クラックをすべてシーリング。
ひび割れにはガラスメッシュを入れて樹脂モルタルで全面下塗り。

クラックにシーリング、メッシュ伏せ込み
クラックにシーリング、メッシュ伏せ込み

この後モルタルを硬化させるために1週間以上このままにしておきます。
その間に塗装工事です。
破風板や雨どいなどを塗装屋さんが塗っていきます。

塗装工事が終わればモルタルも養生期間が終わったところ。
スペイン漆喰レビスタンプで仕上げます。
今回はMARFIL(マーフィル)という色を使用しました。

レビスタンプ
レビスタンプ

壁のパターンはトラバーチン風です。

レビスタンプ・トラバーチン風
レビスタンプ・トラバーチン風

レビスタンプMARFIL
レビスタンプMARFIL

完成しました。

塗り壁のリフォームですと、ひび割れの補修跡が全く分からなくなります。
レビスタンプは非常に耐久性があるため、メンテナンスなどもさほど考慮することはありません。
壁面が熱を持ちにくいので、夏などに違いが現れます。
樹脂ではないので紫外線での劣化もありません。

今回のお宅は吹付塗装がだいぶ劣化しており、チョーキングもひどく色むらもかなりあります。
そしてひび割れがかなり入っていました。

お施主様からも「すごーい、全然イ変わったねー」と喜びの声が。
嬉しいですね。
この時期は日の沈むのが早く、休憩もそこそこに仕事をしていましたがお客様の嬉しい一言で疲れも吹っ飛びます。

塗り壁の家だけでなく、吹付塗装やサイディングの外壁も左官の技術でハイクオリティな外壁リフォームができます。

左官の外壁リフォーム、いかがですか?
お気軽にお問い合せ下さい。

外壁を左官でリフォーム

外壁を左官でリフォームしました。

築40年ほどたっているお宅で、外壁にクラックが目立ちます。
外壁のリフォームは塗装が一般的ですが、今回は左官でリフォームします。

 

DSC_0475(1)

まずはひび割れ箇所をコーキング。
水が入らないようにします。
雨漏りよりメタルラスが水によりサビて、壁の重さに耐えきれなくなり剥がれ落ちる危険があります。

DSC_0481
コーキングをしたひび割れ箇所にメッシュを伏せこみます。
ガラス繊維でできたメッシュを入れることにより、再度ひび割れが発生するのを防ぎます。

そして全面に修正モルタル塗り。
DSC_0483
塗装では目立つコーキングのあともわからなくなります。

モルタルの養生期間中に塗装工事を行います。
破風やキリヨケ、軒天や窓まわりなど。
DSC_0486

さらに屋根瓦の不良個所もありましたので、同時に工事を行いました。
DSC_0479
棟瓦の下、メンドと呼ばれる部分がとれて土が見えてしまっています。

台風などにさらされると土が流れ落ち、棟が崩れる恐れがあります。
DSC_0495
こちらも漆喰を塗り直しました。

そしてモルタルの養生期間が過ぎたら仕上げを塗ります。
DSC_0496
元のリシン壁と同じような色ですのでわかりにくいですが、きれいに塗り直しました。

左官の塗り壁のリフォームは壁の厚みが塗装に比べて厚いことから耐久性が違います。
また下地のひび割れなどの不良個所も直すので、本当にきれいになります。

ぜひ左官の塗り壁による外壁リフォームをご検討下さい!
塗装仕上げやサイディングの塗り壁にできます。

お気軽にお問い合せ下さい。
お電話でもどうぞ!

タイルで明るく!

今回は外階段のリフォームです。
工事前の写真を撮り損ねたのが痛恨の一撃!です(ToT)

もともとモルタルだった階段。
一部では下地との剥離でパコパコ音がしています。
ひび割れもあちこちに。
モルタルも黒ずんできれいにしたいとのことからリフォーム依頼がありました。
ちなみにこのお客様は以前にも外壁リフォームや和室のじゅらく塗り替えをさせていただいております。

DSC_0455276
明るくきれいになりました。
モルタルよりもタイルが貼ってあると広々と感じます。
LIXILの陶絣の5番です。

もともとモルタルだったのでそのままタイルが貼れる!
なんて事はありません。
天端も蹴込みもサイズがまちまち。
左右で寸法が違うところもあります。
300角のタイルですと少し下地が違うと目地が狂ってきます。
キレイに仕上がりません。
タイルが貼れるように下地をモルタルで修正しました。
DSC_0453277

住まいのタイル工事でお悩みの方は
渡邉左官店までお気軽にご相談ください。

マンションをタイルで美しく!

マンションのリニューアル工事です。
床のタイル張りとポストを交換しました。
白いタイルで美しくなりましたよー!

DSC_0354
まぶしい!
とてもきれいです。

タイルを張る前はコチラ・・・
DSC_0351
古いマンションにありがちなモルタル仕上げでした。

ポストも新品に交換しました。
DSC_0355
ポストの上にアクセントでLIXILのラグナロック・モデリッサを。

同じタイルで開いてるお部屋の玄関も貼りましたよ。
DSC_0349
写真はまだ目地材を詰める前です。
モルタルより断然イイですね。

マンションのリニューアル・リフォーム・リノベーションでお悩みの方はご相談ください。
こちらからどうぞ!

旅館の和室を塗り替えました

和室の塗り替え工事です。
熱海の旅館のお部屋を塗り替えました。

DSC_0334
リフォーム用の塗り替え専用じゅらく壁があるので、かんたんに塗り替えができます。

塗り替えの前のお部屋は
DSC_0331
壁にシミやキズがあり、床付近は掃除機などで削れてしまっているために腰紙が貼ってあります。

塗り替えた後はこちら
DSC_0352
キズなども消えて、明るくなりました

下地となる既存のじゅらく壁(繊維壁でも可)がしっかりしていればそのまま塗れます。
古い壁をはがさないので最短1日でリフォーム可能!
同じシリーズで珪藻土の塗り替えよう壁材もあります。
※古い壁が触ったときにボロボロと落ちるようだとはがした方がいいです。

カンタンにお部屋をイメージチェンジ!
またいやなにおいなども壁を塗り替えることで改善されます。

お気軽にお問い合せ下さい。

ステンレスの流しをリフォーム

ベルギーの防水性塗り材、モールテックスカラーでステンレスの流し台をリフォームしました。
IMG_6554242

あらゆるものに接着します、がうたい文句のモールテックスですが建材ならば間違いなく接着します。
DSC_0291243
昭和40年代のステンレス製の流しです。
一枚目の写真はこの上からモールテックスを施工したものです。
ステンレスの上から直接モールテックスを塗ることで、リフォームできます。
壊す必要がないので騒音もしない、ゴミを出さないエコリフォームが可能です。

ガラッと雰囲気が変わりますよ。
防水性があるので、従来では施工できなかった場所にも左官仕上げをすることができます。

色むらのある仕上がりが、温かみを感じさせます。

施工にあたって下地は木材が一番相性がいいようですが、金属、タイル、ガラス、人工大理石などにも施工できます。
柔軟性もあるので、多少のたわみなどにも追従します。
ただし引っ張りには追従しません(伸びません)ので、躯体の継ぎ手などでは見切りを入れる必要があります。