タグ別アーカイブ: 漆喰

江川邸の修理

伊豆の国市韮山にある、重要文化財江川邸。
こちらの板塀にのっている瓦のメンドと雀口の漆喰補修をさせていただきました。

江川邸は江戸時代に韮山藩(現在の伊豆半島とその周辺)を治めていた江川氏の屋敷で、韮山反射炉を作ったことでも知られています、

今回、縁あって漆喰の補修工事をさせていただきました。

通り門漆喰補修

瓦のすぐ下の漆喰を剥がして塗り替えです。

瓦下の雀口、漆喰補修

入口の門から屋敷に通ずる塀の、瓦のすぐ下の雀口といわれる部分の漆喰も修理しました。

蔵入口の漆喰補修

また米蔵の入口の漆喰も一部補修しました。

地元の大切な文化財を維持する工事に携わることが出来て光栄です。

輸入左官材が得意ではありますが、伝統的な左官工事もさせていただきます。

真夏でも快適なレビスタンプの家!

一年ほど前にレビスタンプを施工したお宅にお邪魔しました。

こちらのお宅です。
外壁は丸ごとレビスタンプ。
DSCN09983326

室内もほとんどレビスタンプです!
DSCN09903323

さすがに連日の暑さで家の中はどうなんでしょう?
と、思っていましたがお施主様にお聞きしたところ・・・
なんと!今年はまだエアコンを使ってないそうです!
ビックリです。

レビスタンプの住まいは快適!というのはわかっていましたが、まさかここまでとは(゜ロ゜)

内壁はもちろん、外壁にもレビスタンプを塗ってありますので、真夏の日射しをシャットアウト!
外壁は直射日光でも熱くならず、内壁は湿気を吸いとりカラッとしたお部屋にします。

また梅雨時もじめじめした感じがなく、お施主様もその性能に驚いていました。
「漆喰ってすごいわねー」を連発してました。
スペイン漆喰レビスタンプ、本当にすごいんです。

スペイン漆喰レビスタンプは快適な住まいを作り出します。
快適な毎日をお約束します!

スペイン漆喰レビスタンプの室内仕上げ

スペイン漆喰レビスタンプを室内仕上げに採用していただきました。

雨の多い四月でしたが、レビスタンプで仕上げてあるお部屋は快適です。
ビニールクロスの部屋と比べるとジメジメ感がなく明らかにさわやかです。
内装用レビスタンプP Blanco(ブランコ)で仕上げました。

Revistamp-P  Blanco
Revistamp-P Blanco

赤い薪ストーブがステキです。

レビスタンプは和漆喰より厚く塗ることができます。
標準塗り厚は室内用Pで3ミリ以上、外壁用Rで5ミリ以上です。
この塗り厚みが湿気の吸収性と断熱性に貢献しています。

設計段階から熱や日差しを意識してつくりこむことにより「エアコンに頼らない暮らし」を実現できます。

これからの時代に最適な壁材がスペイン漆喰レビスタンプです。

ことり工芸舎のリフォーム3

ことり工芸舎のリフォーム、ついに完成です。

まず内部の汚れた漆喰を新しく漆喰で塗り替えました。
DSCN107076

床の間的なスペースは土壁に。
DSC_062282

DSCN107177

土壁が焼き物とあいます
DSCN107475

玄関・ポーチには腰壁と同じ深岩石を貼りました。
DSC_062683

DSC_063084
漆喰の壁とよくあいますね

外壁のビフォーアフターです。
始めはジョリパットの外壁でした。
Before
DSCN103280

after
DSCN106481

別アングル
before
DSCN103578

after
DSCN106879

以上で無事に工事完成となりました。

工事依頼をいただいたことり工芸舎さんには大変お世話になりました。
ありがとうございました。
「イメージ通りの仕上がりになった」とのお声をいただき嬉しかったです。

これからも癒しの空間をつくっていきます。

新築住宅のお仕事

伊東市の現場、完成しました。
内外装の左官工事、タイル工事をやらせていただきました。

外観です。
DSCN10096
下地はモルタルです。
工務店さんの仕様で仕上げは樹脂系塗り材です。

リビングです。
DSCN10085
リビングは漆喰塗り。
アールの間仕切りがいくつかあります。
棚板なんかも天然材料のオイル塗装です。

今回はタイルがいつもと違いました。
サンワカンパニーさんのシーウッド・マーレというフローリング調のタイルです。
DSC_03743
DSC_03634
釘のあともリアル。
ヨーロッパ製はこういうところはすごいですね。
技術の進歩もすごいなぁと思いました。

玄関は普段はタイル張りですが、このお宅は石張りでした。
同じくサンワカンパニーのコルティーレモザイクです。
DSC_03762
天然の大理石を100角に加工してユニットになっています。
大理石特有の穴が開いてますが、そこに目地材が入り込んで面白い感じになっています。
やはりタイルより風合いがいいですね。

洗面台もモザイクタイル張りでした。
DSC_03577

意外と盛りだくさんのお宅でした。

トイレの壁をレビスタンプに

こんにちは。
先日、自宅のトイレの壁を塗り替えました。
いままでは日本の漆喰でした。
もちろん最初はキレイだったのですが10年もたつといろいろと・・・。
子どもも汚しますし。

思い切ってスペイン漆喰レビスタンプに塗り替えました!
気に入ってる材料ですから自宅にも使うわけです。

さて工事前はこんな感じです。

塗り替え前
塗り替え前

タオルのところがカビで汚れてる・・・。

和漆喰の汚れ
和漆喰の汚れ

がーーん。

養生テープを貼り、シーラーを塗ってレビスタンプを塗ります。

レビスタンプ塗り作業中
レビスタンプ塗り作業中

はい、ワタシが真面目に塗っています。

そして塗りあがり!

レビスタンプ仕上げ
レビスタンプ仕上げ

うーーん、ゴージャス。かな。
雰囲気がだいぶ変わりました。

汚れていたところもこのとおり。

レビスタンプ仕上がり2
レビスタンプ仕上がり2

バッチリキレイになりました。

オマケにあまっていたガラスモザイクを貼りつけ。

ガラッとイメージチェンジです。

漆喰の修理

壁の修理を依頼され工事に行って来ました。

漆喰がはがれてしまっています。

はがれた漆喰
はがれた漆喰

見ると下地は度壁です。
下地の土はしっかりしているようなので、下地モルタルを塗ります。

下地モルタル塗
下地モルタル塗

数日後、下地のモルタルが乾燥したら漆喰を塗ります。

仕上げ漆喰塗り
仕上げ漆喰塗り

完成しました。

このように壁一枚でも工事に伺います。

お気軽にお問い合せ下さい。