タグ別アーカイブ: revistamp

自然素材の幼稚園

梅雨明けして毎日暑い日が続きますね。
暑い夏を快適に過ごす方法、それは?
エアコンをばっちり効かせるのもアリですが、塗り壁でも快適に過ごせます。

安心・安全なスペイン漆喰レビスタンプ
安心・安全なスペイン漆喰レビスタンプ

スペインからやってきた天然素材の壁、レビスタンプは暑くてジメジメした夏を快適に過ごすいくつかの特徴があります。

  • 壁面が熱くならない  断熱効果があり、日が当たっている外壁面でもさほど熱くなりません。
  • 湿気を吸う力が強い  部屋がジメジメしません。

九州には建物の内側をレビスタンプで塗った幼稚園があります。

子供たちは快適に過ごして、お昼寝もグッスリだそうです。

幼稚園や医院などデリケートな建物にもレビスタンプはよく使われているようです。天然素材なので安心して使用できますし、万一の火災でも危険なガスなどは発生しません。

介護施設などにもいいかもしれませんね。

主成分の石灰は消毒にも使われるほど殺菌効果があるものです。

快適に安全に過ごせるレビスタンプ。

住宅だけでなく、様々な建物にお使いいただけます。

真夏でも快適なレビスタンプの家!

一年ほど前にレビスタンプを施工したお宅にお邪魔しました。

こちらのお宅です。
外壁は丸ごとレビスタンプ。
DSCN09983326

室内もほとんどレビスタンプです!
DSCN09903323

さすがに連日の暑さで家の中はどうなんでしょう?
と、思っていましたがお施主様にお聞きしたところ・・・
なんと!今年はまだエアコンを使ってないそうです!
ビックリです。

レビスタンプの住まいは快適!というのはわかっていましたが、まさかここまでとは(゜ロ゜)

内壁はもちろん、外壁にもレビスタンプを塗ってありますので、真夏の日射しをシャットアウト!
外壁は直射日光でも熱くならず、内壁は湿気を吸いとりカラッとしたお部屋にします。

また梅雨時もじめじめした感じがなく、お施主様もその性能に驚いていました。
「漆喰ってすごいわねー」を連発してました。
スペイン漆喰レビスタンプ、本当にすごいんです。

スペイン漆喰レビスタンプは快適な住まいを作り出します。
快適な毎日をお約束します!

暑い夏にはレビスタンプがオススメ!

毎日暑い日が続きますね。
何とか少しでも厚さをやわらげることができないか・・・
そんなものが・・・あるんです。

スペイン漆喰レビスタンプです。
レビスタンプのカタログには夏涼しい、と書いてあります。
本当なんです。
レビスタンプを塗った外壁面はあまり熱くなりません。
今回はそれを実証してみたいと思います。

写真の撮影日は2015年8月5日15:30頃です。
この日の沼津市の気温は天気予報によると33~34℃ぐらいです。
測定場所は沼津市内浦三津の当社倉庫の外壁。
レビスタンプ・NHL天然水硬性石灰・モルタル造形などで仕上げてあります。
西面は道路でその西側は畑で建物がありません。
つまり強い西日を遮るものは一切ありません。

そんな日のアスファルトの温度は
DSC_0272232
56.7℃となっています。
暑いわけだ。

普通モルタルを造形して擬木になっている面は
DSC_0268230
ギャー、62℃!
確かに触ると熱いです。

レビスタンプは
DSC_0267229
44.4℃。
暑いけどモルタルよりは18℃ほど低いです。

NHL(天然水硬性石灰)は
DSC_0269231
44.3℃
レビスタンプと大体同じですね。

何回か測定して大体同じような数値が出ました。
レビスタンプの外壁は夏でも熱くならない、というか、なりにくいことが証明されました。
塗り厚みが樹脂系塗り材よりも厚いので断熱効果も期待できます。

6月にも一度図りましたが同じような結果でした。
日本の暑い夏にはレビスタンプがオススメです!

スペイン漆喰レビスタンプの室内仕上げ

スペイン漆喰レビスタンプを室内仕上げに採用していただきました。

雨の多い四月でしたが、レビスタンプで仕上げてあるお部屋は快適です。
ビニールクロスの部屋と比べるとジメジメ感がなく明らかにさわやかです。
内装用レビスタンプP Blanco(ブランコ)で仕上げました。

Revistamp-P  Blanco
Revistamp-P Blanco

赤い薪ストーブがステキです。

レビスタンプは和漆喰より厚く塗ることができます。
標準塗り厚は室内用Pで3ミリ以上、外壁用Rで5ミリ以上です。
この塗り厚みが湿気の吸収性と断熱性に貢献しています。

設計段階から熱や日差しを意識してつくりこむことにより「エアコンに頼らない暮らし」を実現できます。

これからの時代に最適な壁材がスペイン漆喰レビスタンプです。

倉庫のリフォーム工事

当社の倉庫を改修しています。
トタン張りでしたがだいぶ傷んできた。
じゃあ塗り壁にしちゃおう!ということでリニューアル工事です。
倉庫ショールーム化プロジェクトといったところですかね。
まだ完成していないのでいくつかポイントをアップします。

壁の見本にしたいので壁の仕切りをモルタル造形しました。
たとえばこれです。
DSC_048440
左の白い壁はレビスタンプR、右の白い壁はプレミアムラインのNHL(天然水硬性石灰)のRevex Calです。
壁を仕切るためにモルタル造形で木の幹を作りました。
ちなみにこの壁、西日がかなり当たります。
モルタルのところはかなり西日で暑くなりますが、レビスタンプのところはさほど熱くなりません。
実際にさわってレビスタンプの断熱性を体験できますよ。

オマケに木に金物を付けました。
もちろん、これもモルタルです。
DSC_040932
モルタルで金物を作ります。
DSC_044136
鋳物の金物に見えるよう、艶消し黒で塗装して・・・
DSC_046635
エイジング塗装でサビさせました
リアルになりました。

やはりモルタル造形で石積みを作ったり。
DSC_044033
コッツウォルズの石積みをイメージして作りました。
写真の物にまだ汚し塗装をして、もっとリアルにみせます。

レンガの上に塗ってある漆喰がはがれたように見せたり
DSC_048138

モルタル造形で小窓もつくっちゃいました。
DSC_047837
壁はレビスタンプRBLANCO(白)のパターン塗です。

DSC_048541
土壁も塗りました。
リフォームの現場で土を塗るところがあり、下地も一般の土を塗る下地とは違うのでテスト施工も兼ねて塗りました。
結果は大成功です。
もうすぐ始まるリフォームの現場も楽しみです。
きっとあのお宅に土壁がマッチするんだろうなー。

さて、仕上げのスペイン漆喰レビスタンプ塗りには助っ人が来ました。
DSC_047434
折笠左官さんです。

工事の少し前に「レビスタンプに興味があります」と問い合わせてきてくれた左官屋さんです。
ちょうどタイミングよく工事中だったので実際に塗ってもらいました。
電話で話すより実際に材料に触ったほうがわかりやすい、ということで実際に塗ってもらいました。
とても塗りやすかったようで喜んでくれました。

この折笠左官さんは九州・大分の原田左研さんで修業した方です。
土壁や和漆喰にはとても詳しく、今後コラボできたらと思っています。
早速、オリジナルのパターン塗を塗ってくれました。
DSC_048239
なかなかいい表情の壁になりました。
あ、これがもうコラボだ(^^)

このような塗り壁体験も今後やっていきたいと思います。
DIYをお考えの方や、スペイン漆喰に興味がある方など、塗り壁に興味がある方ならだれでも体験できるように考えております。
お気軽にお問い合せ下さい。

倉庫の外壁なので気軽にご覧になれます。
塗り壁の相談や、塗ってある壁の説明もしますよ。

倉庫の工事が完成したらまたアップします!

スペイン漆喰・レビスタンプの特徴

当社で取り扱っているスペイン漆喰・レビスタンプ。
とても優れた材料です。
おおきな特徴を3つお話します。

1、自然素材由来の高い安全性
2、湿気の吸放出性能などの機能性
3、施工の自由度

まず、1つめですが自然由来の材料でできています。
天然の石灰石、天然顔料、石英石の骨材などの自然素材が原材料です。
またヨーロッパの安全基準は日本よりはるかに高く設定されています。
安心してお使いいただけます。

2つめは素材が持つ性能の高さ。
優れた湿気の吸放出性能で室内の湿度を快適に保ちます。
外壁に塗れば夏の直射日光でもさほど壁面温度は上がりません。
夏の室内でも室温上昇を抑えます。
またアルカリ性が高く、壁面にカビなどが発生しにくい特徴もあります。

3つめは施工者の技量にもよりますが、様々な表現が可能です。
コテ塗りで様々なパターンをつけることができます。
平らに仕上げることも可能。
カラ―もたくさんありますし、色粉でオリジナルカラーを作ることもできます。
また骨材を入れることで、表現の幅が広がります。

安心・安全なスペイン漆喰レビスタンプ
安心・安全なスペイン漆喰レビスタンプ

小さなお子様のいるご家庭にも安心してお使いいただけます。

DSCN09883324
室内を快適にたもちます。
高原のようなさわやかさ。

DSCN07332716
レビスタンプに自然石の玉砂利を入れて和風にアレンジ。

塗り壁は正しい施工をすれば、すぐれた耐久性を発揮します。
定期的なメンテナンスが不必要なので、とってもエコなんです。

スペイン漆喰の家

スペイン漆喰「レビスタンプ」の住まいが完成しました。

外壁はすべてレビスタンプR・Blanco(白)です。

レビスタンプR Blanco
レビスタンプR Blanco

樹脂系の塗り壁材とは違い高級感があります。
サイディングでは必要となるコーキングのうちかえ・外壁塗装が必要なく、ランニングコストが抑えられます。
また有機系の材料では静電気が発生しホコリを呼ぶのに対し、無機系のレビスタンプは静電気が発生しません。
また自浄作用もありきれいな外観を長持ちさせます。
直射日光が当たる壁でも表面温度がさほど上がらず、断熱効果も発揮します。

外壁のアップです。

レビスタンプR アップ
レビスタンプR アップ

また室内もほとんどレビスタンプです。

レビスタンプのリビング
レビスタンプのリビング

リビングも快適そうです。

和室もレビスタンプ

レビスタンプの和室
レビスタンプの和室

和風は色を選べば和室でもOKです。

室内の壁のアップ

レビスタンプ ARENA
レビスタンプ ARENA

ステキな住まいができました。

トイレの壁をレビスタンプに

こんにちは。
先日、自宅のトイレの壁を塗り替えました。
いままでは日本の漆喰でした。
もちろん最初はキレイだったのですが10年もたつといろいろと・・・。
子どもも汚しますし。

思い切ってスペイン漆喰レビスタンプに塗り替えました!
気に入ってる材料ですから自宅にも使うわけです。

さて工事前はこんな感じです。

塗り替え前
塗り替え前

タオルのところがカビで汚れてる・・・。

和漆喰の汚れ
和漆喰の汚れ

がーーん。

養生テープを貼り、シーラーを塗ってレビスタンプを塗ります。

レビスタンプ塗り作業中
レビスタンプ塗り作業中

はい、ワタシが真面目に塗っています。

そして塗りあがり!

レビスタンプ仕上げ
レビスタンプ仕上げ

うーーん、ゴージャス。かな。
雰囲気がだいぶ変わりました。

汚れていたところもこのとおり。

レビスタンプ仕上がり2
レビスタンプ仕上がり2

バッチリキレイになりました。

オマケにあまっていたガラスモザイクを貼りつけ。

ガラッとイメージチェンジです。

レビスタンプについて

他の漆喰との違い

スペイン漆喰レビスタンプは、日本の和漆喰と同じ石灰が主成分でできています。
しかし、大きく違うの点は厚く塗れるのが特徴です。
高層アパート等では外壁に50mm位吹き付けることで夏は10℃涼しく、冬は約10℃暖かい室内空間を実現できます。
日本の一般的な住宅では50mmという厚みは現実的ではないですが、直射日光が当たっていても壁面は熱くならないので断熱効果を実感できます。
夏の室内では、人体の体温の熱や暖かいの空気の熱は比熱の大きい物質であるレビスタンプの壁に吸収されます(熱は比熱の大きい物質へと移動します)。
レビスタンプの壁は室内の湿気を吸収します → 室内の熱(空気)は、壁面の湿気(水)の温度に近つきます(室内が涼しくなる理由です)。
また、冬の室内の暖房で暖められた空気は、レビスタンプ壁面に吸収され蓄熱されます。(熱は比熱の大きい物質へと移動します)。外壁も蓄熱されて快適な室内空間を提供できます。

アルカリ性のレビスタンプは、殺菌効果が高く臭気の吸着性能に優れています。
レビスタンプは、大気中の炭酸ガスを吸収しながら徐々に壁面が硬化してゆきます。
日本は湿気の多い地域で、外壁のカビや苔の発生は避けれれません。
これら、カビや苔をコントロールすることで、石灰質独特の風合いのある壁面を保つことができます。

厳選された天然原料でつくられていて安心です。
F☆☆☆☆認定不要製品。不燃材料です。
ヨーロッパのエコ認証なども取得しています。
日本よりヨーロッパの安全基準の方が厳しいので安心してお使いいただけます。

ちなみに。
PAVISTAMP「パビスタンプ」とREVISTAMP「レビスタンプ」は同じものです。
製品を作っているメーカーがパビスタンプ社で、そこの製品名がレビスタンプです。

スペイン漆喰の和風アレンジ

スペイン漆喰を和風にアレンジ。
外壁用レビスタンプR TABACOに玉砂利の南部石1分をいれてかき落としです。

パビスタンプR 玉砂利入りかき落とし
パビスタンプR 玉砂利入りかき落とし

玄関の腰壁のアクセントに使用しました。

スペイン漆喰だなんて言わなければわからない。
洗い出しみたいな感じです。
でも水で洗わずワイヤブラシでのかきおとしなので室内でもいけます。
ただし作業中は埃っぽくなりますが。

スペイン漆喰 レビスタンプR 玉砂利入り かきおとし仕上げ
スペイン漆喰 玉砂利入り かきおとし仕上げ

こんなアレンジがうまく決まると楽しいです。

スペイン漆喰も色やパターンで和風もOKです。